そばゆき姫は体にやさしいとうふです

一般的なとうふの加工工程では、食物繊維をはじめとする多くの栄養素が「おから」とともに取り除かれてしまっています。宮田とうふ工房では「大豆丸ごと製法」という独自の製法を開発しました。 この製法はその名のとおり大豆が持つ栄養素と共に一丁のとうふに閉じこめます。 続きはこちらから

信州だけで栽培される、ルチン豊富なそば「サンルチン」

サンルチンそばは、宮田村のタカノ株式会社と信州大学名誉教授の氏原暉男先生が、14年の歳月をかけて開発したそばの品種です。(農林水産省品種登録第10241号)

続きはこちらから

信州だけで栽培される、大豆の希少品種「仲千成」

限られた地域でしか栽培されてこなかった希少な大豆「ナカセンナリ」は、低蛋白で高糖度の大豆です。宮田とうふ工房では創業当時からこのナカセンナリという大豆を使うことにこだわり、現在も地元の契約した農家で栽培したものだけを使用しています。続きはこちらから

ページ先頭へ戻る